何であの奥さんは習い事いけるのかな…
自由に使えるお金があってうらやましい。
隣の芝は青く見える。
見えるだけなら良いのですが、本当に天と地の考え方の違いだとしたら…

お金を引き寄せる家は「いくらかかる?から〇〇しない」ではなく「〇〇するためにいくら必要か」目的が初めてにきます。お金を先に考えて損得勘定をしていると、結果お金の価値さえも判断できなくなるのではないでしょうか?
そんなあなただけにすぐはじめられる3つの習慣教えます。

① 安物買いの銭失い

お金がない人によく見られる特徴のひとつは、浪費が多いこと。お金持ちは浪費をしませんが、必要とあれば惜しみなくお金を使います。お金をたくさん使うという点は同じでも、効果的なお金の使い方ができているかどうかで、大きな差が生まれるのです。

例えば、バーゲンセールが好きな人は、安いからという理由だけで不必要なものを買ってしまう傾向があります。経済的に豊かな人たちの場合、将来的にプラスにならないものには、たとえ1円でも使いませんが、プラスになるのであれば、いくらでも使うことを惜しみませんね。

浪費癖は、その人の財布や鞄の中身、部屋の中、冷蔵庫などを見ればわかります。「もしかしたら使うかもしれない」と思いつつ、結局使わないものを溜め込んでしまうのは、浪費癖がある証拠。
買い物をするときは、安いかどうかではなく、それが本当に必要なのかどうかで判断しましょう。

② 自己投資

何かを経験したり、新しい知識を身につけたり、自己投資をするためには、先にお金を支払う必要があることが多いです。例えば、学校に行くのも、資格を取るのも、お金を支払うのが先。

無駄遣いをせず、貯金をすることはもちろん大事ですが、稼げる自分になるために必要な自己投資のお金を出し渋っていると、収入を大きく増やすことが難しくなります。
貯金が趣味、という方は要注意です。

③ 負債はお金を奪うもの

金融資産とはお金を生み出すもの、負債とはお金を奪うもの。家でも車でも株であっても、お金を生み出さず、口座からお金をもっていくものであれば、それは負債なのです。

不動産や車、株のほか、身近な例ではローンや分割払いも立派な負債。欲しいものがあったとき、「ボーナス払いにすればいい」「がんばっている自分へのご褒美」などと軽く考えて、負債を抱え込んでしまわないように、注意しましょう。

まとめ

お金を引き寄せる家は、考え方が違うのではないでしょうか?それは、「先にお金が出ていく=損」という思考を捨てることや、お金を生み出さないものはすべて負債と考える事だと言えます。

経済的にも余裕ができれば、また新たなステップアップできそうですね。