「お客様〜この商品一点ものですよー」
「今日買わないと明日から値上げしてしまいますよ〜」こんな営業トーク聞いた事あるのではないでしょうか?

残り一点と言われると弱い。今日だけと強調されると何故か購買意欲が…。乗せられてついついと言う方多いのではないでしょうか?そう我慢ができない人って、手持ち無くても買ってしまう。知らず知らずに借り入れが膨れ上がっている方も?借金があり返済していないのにまた買う?と普通なら思ってしまいますね。

人が欲しい物を手に入れたいと思ったときに、手元にその代金を支払うためのお金がなかったとしたら、選択肢は3つしかないのです。
貯めて買う・我慢・借金。
この3番目から選択しているあなたに。
まだ今からでも遅くない、貯金の作り方教えます。

① 切り捨てごめん。

借金返済しながら貯蓄するには、毎月の家計収支をチェックすることが大切です。
まず、手取り収入がいくらあるのかをチェックします。そして、月々の光熱費や家賃、などの支出をチェックして、毎月どのくらいの余裕があるのかを確認します。

ここで、支出の項目を見て削れる項目を削って貯金に回します。
生命保険を見直せば、同じ給料からでも貯蓄に回せる金額が増えます。
車を処分すれば、一気にかかる経費が減り、貯蓄に回せる金額が増えますね。(少し難しい気もしますが)

②知らず知らず。

借金を返済しながらでも貯蓄する方法としては、勤務先会社の財形貯蓄を利用する方法がおすすめです。

財形貯蓄とは、会社が金融機関と提携して行っているサービスで、毎月一定金額を給料から天引きすることによって確実に貯蓄していく貯金方法です。

借金返済しながらでも楽に貯金することが可能になります。

③ぐっと堪えましょう。

ここ一番ポイントですよ。「我慢」しましょう。
借金の借り増しをしないことが何より重要です。

せっかく毎月の収支をチェックして無駄な出費を削り、貯蓄に回すようにしていても、借り増しをして借金残高や月々の返済額が増えてしまったら、結局計画していた貯蓄が出来なくなってしまいます。
返済しながら貯蓄をしていても、借金を借り増しすることによってすべて無駄になってしまいますね。

まとめ

身の丈に合う行動をする。
これにつきます。

感覚のズレはじめると手持ちがないまま商品を購入することに何も違和感を感じなくなります。これが借金です。そしてまた、借金があるのに新しい買い物を重ねてしまう。

借金返済しながら貯蓄するには、毎月の収支をチェックして無駄な支出を削ることが大切です。