はぁー、今月も1万円しか残らなかった!

結婚してはや、1年…家賃に光熱費、出ていくばかりで貯金する余裕もない。ゴチャゴチャ数字並べて毎月ため息ついてませんか?慣れない数字見てイライラ….そりゃ当たり前。
女性は数字が苦手な生き物なんですよねー。

そんなゴチャゴチャ考える必要はもうありません。お金回りがいい人って生活のすべてがシンプルなんですよ。

そういう人は普段の身の回り、家の中も整理されていて無駄なものがない。
だからお金が貯まっていくんです。

今日はお金が貯まる家の秘密を3つ教えちゃいます。

①方程式を変えてみる。

貯金を増やすと言うか、貯金ができる人は毎月自動的に口座から引き落としがかかる積立の仕組みを利用しています。

積み立てる金額の目安は、毎月の積み立てが1割から2割、ボーナス月の積み立てが3割と言われています。収入−貯金=生活費この方法にすぐ変えましょう。

今の定期貯金は殖えるといったことは期待できませんけど、預けるには機能としてはむいています。
また、積み立てられる商品には、定額積立貯金の他、外貨MMF、金、銀、プラチナ、投資信託及び個人年金等がありますので、興味があれば、そういった商品を検討してみるのも面白いかと思いますよ。

②お金持ちって○○ってよく言うじゃない?

「お金持ちほどケチ」って聞いたことありませんか?

そう言われるのには理由があります。お金持ち、お金を貯める事ができる人は【あるだけ使う】事は絶対にしません。お金持ちに限って軽自動車で走り回っていたり、おにぎり持ち歩いて昼食とっていたりしませんか?外食も殆どしませんよね?

いわゆる金持ちと言われている方は、お金の使い方が上手な方が多いので、無駄なところにはお金をかけず、必要なところには惜しみなくという人が多いですね。それを人によってはケチと感じるのかもしれません。

③「いつでも引き出せる」が落とし穴

預金通帳、キャッシュカードは皆さんどこにありますか?持ち歩いている方多いのではないでしょうか?「いつでも引き出せる」が引き出せる環境を作っています。

私も以前はキャッシュカードを持ち歩いていました。すぐ使えると言う考えがあるため、平気で財布の現金以上の物が欲しくなります。何故か、無駄遣いも増えていました。不思議ですよねー。でも買う事のできない状況を作ればすぐには買わないのです。

ほんとうに欲しい物は、いつまで経っても欲しいので衝動買いを控えるって事ですね。

まとめ

至ってシンプルな3つのポイント。きちんと預け、全部使う・すぐ買うはやめる。これだけなのです。
特に女性は感覚で生きているので、家計簿をつけて数字と睨めっこなんてむいていないと思っています。(中には数字がお得意な女性もいらっしゃいます)

シンプルに考えて、シンプルな生活をする事がお金が貯まる一番の秘訣と言えるでしょう。
難しい事は考えず、頭の中をシンプルに切り替えてみましょう。